薄板ミラーとは

薄板ミラーとは、厚み2mm、3mmの薄いミラーです。化粧小物製品、各種木工、各種産業用ミラー等、オーダーでカット・加工し、お届けします。
品 名
薄板ミラー
厚み
2mm
最大寸法
813mmx914mm
その他
厚み3mm(最大寸法:1,219mm×1,829mm)のミラーもあります。

高解像度版はコチラ→ダウンロード

形状・サイズについて

ミラーは四角形を基本として、円形・楕円形・八角形やアーチ形にもカット加工が可能です。型紙や図面等あれば、それを基にカット加工することもできます。

形状について

<在庫寸法>
厚み 最大寸法 主な用途
2mm
813mm×914mm
コンパクトミラー、小物製品ミラー、他
3mm
1,219mm×1,829mm
クローゼット扉、ロッカー鏡、卓上ミラー、他

薄型ミラーのカット・加工について

切り欠き加工
●エグリ、切り欠き加工の場合、左図のように切り欠き部分の内側の隅は丸くなります。切り欠きのサイズによって割れやすくなるため、製作できない場合もあります。お見積りをご検討の際は、図面等にてご指示いただけますようお願い致します。
穴あけ加工
●レバーハンドルや、照明ブラケット等をミラーの上に取り付ける際、ミラー穴あけ加工もできます。取り付けの際は、割れやすくなるため穴部分にパッキンの上取り付けしていただきますようお願いいたします。

穴あけ加工(コンセント)
●コンセントや、スイッチ等の穴あけ加工も可能です通常は左図のように小判型に加工します。

薄型ミラーの切断面処理について

切断面処理について

切断面処理について、厚み3mmの場合は磨き加工(糸面磨き加工)が可能です。
厚み2mmの場合は、手切れ防止処理加工(糸面処理)、もしくは切りっぱなしでの納品となります。
糸面磨き(いとめんみがき)加工
最も安価で一般的な加工方法です 切断面は、1.5mm~ 2mm程面取り加工し、小口も磨いた加工となります
枠の内側に納める場合も、この糸面磨きを推奨しております
手切れ防止処理(てぎれぼうししょり)加工
糸面を手切れ防止処理のみ加工します。糸面処理とも言います。
通常は両面に加工しますが、片面のみで制作することも可能です
切りっ放し(きりっぱなし)加工
切りっ放しです。
異形の場合は削って加工するため、手切れ防止処理加工になる場合もあります。